【作り方説明書】

DD用一重太鼓帯

>>型紙はこちら<<
■作り方説明書をPDFで開く
■関連記事

[ 詳細対応サイズ ]
・DDM,L胸
・DDdy
 
[ 用意するもの ]
・普通〜やや厚手の生地
・接着芯
・帯締め用の紐2本
・面ファスナー

01. 型紙を貼り合わせる。※一例を挙げて説明しています。
@ 型紙に割り振られている番号を確認する。
 番号は型紙の左上に記載。
 ※@〜Dの右図は全型紙共通で 使用しています。
 型紙の種類によって貼り合わせる 枚数、数字は違います。
 枚数、貼り合わせ数字については 各型紙をご覧ください。
A <1>の型紙に記載されている通りに 型紙を並べる。
 「青色の数字の型紙貼り合わせる」 という箇所に記載。
B 点線に沿って、型紙が繋がる方だけカットする。
C <5>の上部のガイドにCの下部を 合わせて、表裏両方をテープで留める。


02.型紙を切り取る。
02〜07の右図は全型紙共通で使用しています。

03.布を裏にして型紙を置く。
まち針で留めず、ペーパーウェイト等で型紙が動かない様にする。

04.型紙の外側をなぞって布に写す。写したら型紙は一旦避ける。
※オススメのチャコペン
・カリスマシャープペンシル
・クロバー 水性チャコペン


05.04 で写した線に沿って布を切る。


06.切り取った布に型紙をのせてまち針でとめる。
型紙と布がずれない様にするだけなので、細かくとめる必要はない。

07.“切りじつけ”をする。(@〜G)
@ しつけ糸を針に通し、糸が2本になる様にする。
 玉止めはしない。
A 紙の上から出来上がり線に針を刺していく。
 A. 型紙から刺す
 B. 布を刺す
 C. 0.3cm 程度すくうように縫う
 D. 型紙を刺す
 E. 糸をたるませつつ1.5cm 程度空けて再度型紙を刺す
A〜E を繰り返す。 上側はたるませて、下側の糸はたるませない。
全ての線を写す必要はないので、細かく針を刺さな くても良い。

B 角や合印は下側(布側)から見て+に見える ように針を刺す。
C 側のたるませた糸を切る。
D まち針を抜く。
糸を抜かない様に型紙だけを抜き取る。
F 長い糸は3mm 程度に切る。
 糸を抜き取らない様に注意。
G しつけ糸が抜けない様に、アイロンか指で糸を 寝かせる。

08.帯締めを結ぶ。
@ 帯締め用の紐2本の両端を、動かない様に重り等で固定する。
紐が動かなければ良いので、重りはなんでもOK。
A 左の紐が下、右の紐が上になる様に結ぶ。
B 上の紐を下へ折り返し、中心を押さえる。
C 下の紐を、上の紐の輪に通す。
 Bで押さえた中心はそのまま動かさない。
D 紐の両端を引き、形を整える。

09.帯本体と一重太鼓に接着芯を貼る。
アイロンをスライドさせず、上から押しあてる様にする。
厚手の生地(人間用の帯など)の場合は、接着芯は不要な事もある。

10.帯締めを帯本体に固定する。

11.帯本体を表が内側になる様に折り、開き止まりまで縫う。



12.縫ったところのしつけ糸を抜く。
しつけ糸が取り辛い時は、糸抜きや毛抜き等で抜く。
以降、縫ったら余分なしつけ糸はその都度抜いていく。

13.角をカットする。

14.表に返して、太い針の“糸を通す方”で角を優しく押し出す。

15.開きを“はしごかがり”でとじる。
@ 布の裏側から針を刺す。
A 反対側に針を刺し、布を4mm程すくう。
B Aですくった先から針を出す。
C 反対側に針を刺す。
D @〜Cを繰り返す。
針は布に対して垂直に刺すと、終盤で布の長さが違う等のトラブルが起き辛い。


16.アイロンを掛ける。


17.面ファスナーをしつけ糸で仮縫いする。

18.面ファスナーの周りをまつり縫いで付ける。


19.一重太鼓も11〜16まで同じように縫う。
20.@、Aの順に山折にする。


21.重なっているところを縫って固定する。

22.一重太鼓をひっくり返す。

23.帯本体に一重太鼓を縫い付ける。


24.帯揚げを表が内側になる様に折り、出来上がり線を縫う。


25.縫い代を半分までカットする。

26.片方の端を2〜3mmの間隔で、並縫いをして最後に糸を引っ張る。
並縫い:基本的な手縫いの縫い方。
表と裏両方とも同じ目の間隔で縫う。



27.縫ったところを凹ませて、菜箸や竹串の背などで表に返す。
ループ返しやループターナーという、ひっくり返す道具も売っているのでそちらもおすすめ。

28.残りの端を一周、並縫いをする。
糸は切らない。

29.縫い代を内側に折ってから、糸を引っ張って玉止めをする。



お疲れ様でした!

ドール服の型紙作製所 ドーリースケール